先週、ようやく新たな講座開設の申請を済ませ、週末に検定試験を終えました。
ほっとした瞬間お腹がすいて
向かった先の駐車場わきで見つけました!
007 (4)
ずっしりと、重たそうなブドウの実です。恐らく巨峰だと思われますが、畑一面たわわに実って
いました。直売上が近くにありますので、絶対に忘れずに購入しに行く!と固く心に誓ったのでした。

本格的な暑さを迎える前に、夏らしいリースが仕上がっています。
024 (2)
011 (4)
いつも、優しい雰囲気にふんわりとしたアレンジをお作りくださるIさま
手早く制作されて、ポイントもしっかりと抑えられたご様子でした。

今更ですが、あらためてリースWreathについて少し綴っておきます。
「分かってるよ~」って方は、飛ばしてくださいね。

起源はローマ時代で、名誉と勝利の証としての冠が元となっているそう。
オリンピックで勝者が頭上に乗せている、アレですね。
それを、リースとして、ドアに飾ることがステータスとなっていったわけですね。
その丸い形や、一方向に編まれていく手法から、永遠の愛や生命の循環の意味も兼ね備えているそうです。

こんな素敵な意味合いを持つリースですから、お家に飾るだけでなく、お友達にプレゼントしても
喜んでもらえそうですね!
012 (2)
レッスンお疲れさまでした。

季節のレッスンはこちらから