6月が近づくにつれ、湿度が高くなってきていますね。

我が家のキッチンの湿度計は60%になっていました。

汗をかくほどの暑さでもないので、水分補給を忘れがちです。

室内に居れば、熱中症とは無縁なはず・・・侮るなかれ、数年前になりますが、昼間水分補給不足から意識を失いかけ、点滴を打つ程の状況に至りました。頭痛等、症状もかなりの辛さなので、皆様、くれぐれもお気をつけくださいね。

さて、先日のレッスンのお話しです。

一年ほど前にお作りになったアレンジメントを大切そうにお持ちになったOさま
001 (2)このままでも、十分にきれいなアレンジですが、今回、雰囲気は、そのままに、少しボリュームを出したいと遊びにいらしてくださいました。

少々花材を追加して、おリボンも結びなおしました
011 (3)ふんわりと、より優しい感じに仕上がり、大変喜んでいただきました。

前回は、三方見(正面と両サイドから見るので、背面は作りこみません)の構図でしたが、今回は時々、ダイニングテーブルの上に置き、お茶の時間を過ごされるとお聞きしたので、四方見(どの位置から見ても正面のように仕上げる)の構図にしました。

飾る場所が、なんとなくでも決まっていると、どこにポイントを置いて制作したら良いのかが、イメージ出来てきますので、花材に無駄を出すことなく、見栄えの良い制作が出来ます。このポイントのことをフォーカルポイントといいます。

そういえば、数年前に家の建て直しをした際、あれも、これも・・・となって、後日渡された見積書を見て、驚愕!!したことがありました。
迷っていると、設計士さんが「全てを豪華にするのではなく、凝りたい所を2~3ヵ所に絞っても、家全体のグレード感は、保たれ、コストは抑えられますよ」と教えてくれました。
=こだわりたい個所を明確にして絞り込むと、豪華そうに見えて、価格はダウンできるということです。

なるほど~~。プロの知恵に頼り、愛着の持てる納得のいく家づくりが、出来たことに感謝です。

Oさまには、アーティフィシャルフラワーでこちらのオーダーも頂きました。
313 (2)

お家の中に少しずつ彩りを添えるお手伝いが出来て、とても嬉しいです。
楽しいお時間をありがとうございました。